夏や冬のカビ・湿気・梅雨・結露などの対策 | 除湿ネット

梅雨対策、カビ対策、除湿対策などじめじめした季節を乗り越えるための役立つ情報を発信していきます。

除湿機を使わなくても部屋の湿度を下げる方法

こんにちは。除湿太郎です。

 

除湿太郎、沖縄にいるんですが、じめじめして汗を流しながらパソコンに向かっております。

 

というわけで、今回は

【除湿機を使わなくても部屋の湿度を下げる方法】

について紹介していきます。

 

部屋の湿気を逃す方法としては

  • 湿気を出す原因を無くす。
  • 湿気を逃す

などがあります。

 

 

これらの主な方法としては除湿機や扇風機を使うなどがありますが、

除湿機を使ってもコンプレッサー式の除湿機の場合、

 

湿気を冷却して乾燥した空気を送り込むので冷却装置から熱を発してしまいます。

 

この熱が原因で除湿しても部屋が暑いという状態になります。

 

そんなときには除湿器を使わずにできる除湿対策を行いましょう。

 

 

 部屋の湿度を下げる方法

 

1.エアコンのドライを使う

エアコンのドライ機能は除湿機と同じ除湿効果が期待できます。

 

エアコンと除湿機の違いは室外機が別であるということです。

 

室外機があることで冷却時に発生した熱は室外機によって外に排出されます。

 

そのため部屋の温度をあげることなく、除湿することができます。

 

 

さっそくエアコンのドライを使ってみましょう^^

エアコンによっては除湿と書かれてある場合もあります。

除湿も同じ機能なので使ってみましょう!!

 

2.窓を開けて扇風機を使って空気の流れを作る

 

部屋の空気に流れを作ってあげることで湿度を下げ、室内の温度を下げる方法です。

 

窓をあけることで外の空気を取り込み、室内の空気を逃がすことができます。それにより、室内の湿度も下がり、温度も下げることができます。

 

また窓がない部屋は扇風機を使い、空気の流れを作って上げましょう^^

 

プラスαで換気扇を同時に動かすことで部屋の空気を循環させることができ、換気扇から湿気を外に出せます!

 

3.新聞紙を置く

新聞紙は表面が凸凹していて普通紙よりも湿気を吸いやすくなっています。

置くだけで除湿効果があるので多くの人がやっている除湿方法です。

 

また湿気を吸わせた新聞紙は天気がいい日に干すことで乾燥できるので再利用できます。除湿剤を買うよりも経済的なのでお金をかけずに除湿したい方にはおすすめの方法です。

 

4.重曹をおいて除湿と消臭!

重曹はカビ取りでも効果的ですが、除湿効果や消臭効果も持っています。

 

吸湿性や消臭機能の特徴を持っており、湿気が多いところでは除湿・カビ対策に効果的です。

 

消臭効果は家の嫌な臭い、ペットの臭い、タバコの臭いなど消してくれます。

臭いも気になる方におすすめの除湿方法になります。

 

 5.ペットボトルを凍らせて簡易除湿機

ペットボトルに水を入れて凍らせます。凍らせたらタオルを敷いて置くだけ。

 

湿気が冷やされ、ペットボトルの表面に水滴がつくことで除湿します。

この仕組はコンプレッサー方式の除湿機と同じ原理になっているので簡易除湿機といえるでしょう。

 

まとめ

  • エアコンのドライ・除湿機能を使う
  • 窓を開けて扇風機・換気扇を使って空気を循環させる
  • お金をかけなくても除湿できる方法がある

 

以上、除湿機を使わずに部屋の湿度を下げる方法となります!!

他にも小技的な除湿対策はありますが、これらの2つが主流な除湿対策になります!

今からすぐに試せる方法でもありますので、部屋がじめじめして暑い!!ってときには是非使ってみてください^^